【プログラミング学習】マイクラで遊びやすくする小学高低学年向けの小さなキーボード【PC操作】

【プログラミング学習】マイクラで遊びやすくする小学高低学年向けの小さなキーボード【PC操作】

マイクラ 楽しい!

でもちょっと手がつかれる

とかげちゃん 手がまだ小さいもんねーーー

もっと小さなキーボードをさがしてみるね

こんにちは、とかげちゃんです!

やっとPCでマイクラをやりはじめたけど、あいぱっど より そうさがむずかしいの。まうす も つかっていると手がつかれちゃう。

とかげパパがわたしのために マイクラでつかいやすそうな小さなキーボードを探してくれました。

最初に渡したキーボード

とかげパパです。
最初にとかげちゃんに使ってもらうにも、小さめのキーボードを探して購入しました。
ロジクールのピンクのワイヤレスキーボードです。

これはこれでよかったのですが、マイクラをやる小学生低学年より下の子供には不向きでした。

色が気に入れば中高生なら十分使える良いキーボードです!

マイクラでよく使うキーとは?

何がマイクラをやるのに不向きだったか?

マイクラで使う入力キーをまず確認しましょう。プレイヤーが動いていくのに必要なのは5つのキーです。プラス持ち物(インベントリー)を開いてみるのに必要なキーが1つあり、合計6つキーが最低限必要です。

  • W:前進
  • A:左
  • S:後進
  • D: 右
  • スペース:ジャンプ
  • E:インベントリー

ロジクールのワイヤレスキーボードK380だと、とかげちゃんの手ではスペースキーが小さくて押しにくかったのです。

マウスを離して右手でスペースキーを押すのをみて、これより小さいキーボードが良いと判断しました。

小さいキーボードを探せ!

とはいえ、ロジクールのワイヤレスキーボードK380より小さいキーボードがなかなかありません。

要件は・・・

  1. ロジクールのワイヤレスキーボードK380より幅が狭い (279mmより小さい)
  2. スペースキーの幅が広め
  3. USB接続のキーボード

特に3番目のUSB接続がネックでかなり探すのに苦労しました。
最近はスマホ・タブレット需要が多いからかキーボードメーカーもワイヤレスキーボードに力を入れているようで、USB接続の小さなキーボードが少なかったです。

なぜ USB接続?

これについても説明をすると、時々ワイヤレスキーボードの反応が悪いことがあったからです。
有線じゃないので仕方ないと思いますが、電波干渉なのかキー入力を受け付けないことがたまにあったからです。

すぐに復旧したとしても、マイクラで敵キャラに襲われていたりすると致命傷になるかなと思い、接続が途切れることはない有線キーボードを探しました。

希望の星は サンワサプライ でした!

古くからPCのキーボードやマウス、周辺機器のアクセサリーを製造・販売している会社です。古くからPCを扱っている人は良くご存じだと思いますし、名前を知らなくてもそこの製品を使っている方もいらっしゃると思います。

  • 幅220㎜
  • 80キー(キー数が80個)
  • スペースキーが広め
  • USB接続

もうほんとにこれしかなかったです。
色は・・・仕方ないです。サーバールームでの使用に最適 とパッケージに書かれていましたが、パーソナル向けではなくサーバー職人向けですから。

普段、とかげパパが使っているキーボードとも比較してみました。

テンキーの有無の違いもありますが約2倍の大きさです。

テンキーのない普通のキーボードと比較してもやはりかなり小さく感じます。
これが大人だと使いづらい、キーピッチが短いから打ち間違いが増えやすいところですが、子供の手だと逆なんですね。

おしゃれよりも実用的に!
楽しく遊んで楽しく学べ

ロジクールのワイヤレスキーボードK380と並べて比較してみました。

ロジクールのワイヤレスキーボードK380より幅は小さいのにスペースキーが長い!

*注:キーピッチが広いほうが本来はキー入力がしやすいです。ロジクールのワイヤレスキーボードK380のほうがキーごとが離れていて、打ち間違いが少ないキーボードではあると思います。

とかげちゃんはまだローマ字も、漢字もほとんどわからない、マイクラでの入力に特化した結果です。

とかげちゃんもだいぶ使いやすくなったようです。

プログラミング学習カテゴリの最新記事